資格取得で輝くウェディングプランナーに

2、必要な知識を知ろう

ウェディングプランナーを目指す方がどのような勉強をすべきか?資格取得に必要な知識から、効率よく学ぶための方法、手段をアドバイスして行きたいと思います。

ウェディングプランナー資格取得に必要な知識は?

ウェディングプランナーに必要な知識は、ブライダル業界全般の知識でもあります。一般的なブライダルの基礎的マナーから、挙式・披露宴の一般的な流れ、宗教についても学んでおかなくてはなりません。特に国際結婚が増えた現在では、宗教上の問題がトラブルになることも報告されていますので、宗教については基礎からしっかりと学ぶ必要があります。

また、結婚式場・披露宴会場や新郎新婦へのアドバイスの際に必要となるフラワーコーディネートの知識カラーコーディネートの知識も幅広く学んでおいて損はないでしょう。

この他、ビジネスとしての営業知識や契約について、新郎新婦との打ち合わせの運び方書類の作成などの事務作業も学ばなくてはなりません。

もちろん、勉強だけしても現場でいきなり働くことは到底、無理な話です。ウェディングプランナーには現場での実習も必要となりますから、実習経験をどこでいかに積むか?を考えていかなくてはなりません。

ウェディングプランナーへの近道、どこで学ぶべきか?

学ぶ内容がわかれば、あとは「どのように学ぶか?」です。

既に社会人としてお仕事をされている方は、基本的なビジネスマナーはご存じでしょうし、学ぶ時間が取れないのであれば、空き時間に自由に勉強できる独学がおすすめかもしれません。実際に通信講座を利用したり、全くの独学でやっている方もいらっしゃいます。

しかし、独学であれば教材も自分で探さなくてはなりませんし、どこを学ぶかも自分で探さなくてはならないので非効率的です。また、実習経験を積むことが難しいというデメリットもあります。通信講座も同じく、教材があっても一人でやって行かなくてはならないとなると、それ相応の強い意志が必要でしょう。

そのようなことからも、管理人がおすすめしたいのは「スクール」です。確かに費用面に不安がある方もいらっしゃるかも知れませんが、しっかりとしたカリキュラムで効率良く、集中的に無駄なく勉強できますし、実習もあるスクールならば確実にウェディングプランナーとして踏み出せると思うのです。

ウェディングプランナーとしての近道を考えるなら、しっかりとしたカリキュラム、講座の内容に定評・実績があるスクールを選んでみませんか?