資格取得で輝くウェディングプランナーに

目指したきっかけ・やりがいは?

資格を取得し、現役のウェディングプランナーとして活躍している先輩方に、管理人がインタビューしてきたものをまとめてご紹介します。

  • Aさん(結婚専門式場就職)
  • Bさん(ホテル婚礼部門就職)
  • Cさん(ウェディングプロデュース会社就職)

の三人の先輩にお話を伺いました。ウェディングプランナーを目指したきっかけや、仕事のやりがいは、一体どんなものなのでしょうか?

現場の第一線で働くウェディングプランナーのやりがい

●まず、先輩方がウェディングプランナーを目指したきっかけを教えて下さい!

【Aさん】年の離れた姉がいて、私が中学生の時に結婚したんです。その時に初めてウェディングプランナーという仕事を知り、一生の思い出作り、新婦さんが輝くお手伝いをしたいと思いました。

【Bさん】私は転職組で、前職はOLでした。華やかな世界に憧れたのもきっかけでしたが、女性ならではの感性を活かせる仕事だと思って目指したのがきっかけです。

【Cさん】ミーハーで恥ずかしいのですが…私はテレビの影響です(笑)。高校生の時にドラマで見たウェディングプランナーの世界にはまってしまって、楽しそう!面白そう!で、このお仕事に興味を持ちました。

●きっかけは全然違うんですね!でも、勉強されて資格も取得されて今は第一線で活躍されていて、本当に憧れます。実際、夢を叶えられてから、どのようなやりがいを感じていらっしゃいますか?

【Aさん】やりがいを感じない日はありません。新郎新婦様にとっては一生に一度のことですから、毎日が当たり前のことではないんですよね。責任も重大ですが、やりがいのあるお仕事だと思います。

【Bさん】大きなやりがいと達成感を感じるのは、結婚式当日ですね。新郎新婦様、ご両親様、ご親戚の方々の晴れやかな顔を拝見すると、本当にこのお仕事ができて良かったと思います。

【Cさん】一生に一度の大切な日のために、新郎新婦様と一緒になって頑張って行けるところがやりがいだと思います。当日までは本当に忙しくて眠れないような日があることもありますが、それでも挙式日には疲れも飛んでしまうぐらいなんですよ。

●伺えば伺うほど、素敵なお仕事だなと実感しますし、先輩方が充実していらっしゃるのが伝わります!私も先輩方のようになりたいですね。